プロミスの学生ローンの口コミ評判

目次

すぐ審査に通って、お金を借りれました。(男性/20代)

男性/20代

学生時代にはお金がないことが当たり前でした。

私は初めての一人暮らしで舞い上がってしまい、色々買ってしまっていつもお金がなかったのを覚えています。
お金がない月は辛くても食費を削ったりして、我慢して暮らしていました。

そんな時、お金を借りればいいと教えてくれたのはアルバイト先の先輩でした。

プロミスなら学生でもお金を貸してくれると教えてくれたのです。
コンビニのアルバイトを一年生の時から続けていた私には、借りる資格があることも分かりました。

長期的に継続した収入があれば、審査に落ちることはまずないと言われました。

本当に困ったときにプロミスからお金を借りようと思ったのですが、ピンチはすぐに来たのです。
その月はコンパや旅行などが重なって、次の給料までお金がもたない状況でした。

少し借りて次の月に返せばいいと考えて、審査に申し込みました。

先輩の言う通りすぐに審査を通過して、お金を借りられるようになったのです。
その月はお金を借りたおかげで、余裕で暮らすことができました。

そして、次の月の給料から半分返して、2か月後には返し終えました。

お金が本当になかったら借りればいいということが分かったので、生活に余裕ができて嬉しかったです。
以前ならお金がないからと断っていたコンパにも参加できるようになりました。

そして、なんとコンパで彼女を作ることもできました。

お金がないと心に余裕もないので、遊びに行くことができなくなっていたと気づいたのです。
プロミスのおかげで学生生活を満喫することができました

お金がないというピンチを何度も乗り越えることができたのはプロミスがあったからです。

プロミス
  • 30日間の無利息サービス、最短1時間で融資可能な早さ
  • 来店不要で郵送物なし、親にバレずにお金を借りれる
  • 大手だから安心、全ての手続きがスマホでできる

海外旅行の費用のために借入しました。(男性/20代)

男性/20代

僕は都内で一人暮らしをしている21歳の大学生です。

学費は奨学金と親からの仕送りでやりくりし、生活費のために塾講師や飲食店のアルバイトをしています。

普段はそれでなんとか生活できているのですが、夏休みに友達と海外に行こうという話になり、
その時にはじめてプロミスを利用しました。

最初は親に借りようかとも考えたのですが、学費だけでも世話になっているのに、
その上レジャー費を出させてしまうのは申し訳なく、親には伝えませんでした。

プロミスは学生ローンの金利も低く、さらに新規借り入れなら30日間の無利息サービスもあるので、
利用しやすいのではと考えたからです。

今回、僕が利用したのはプロミスの学生ローンです。

学生でも安定した収入があれば借り入れができ、さらにお金の使い方が明確であるときに利用することができます。

一度借りたら返済のみで追加の借り入れはできないという点はありますが、
シンプルな借り入れ方法で気に入りました。

目的は海外旅行費ということで、プロミスで10万円の借り入れ申請をしました。

僕はアルバイトで毎月ある程度の収入が2年間あったので、審査も通りやすかったのだと思います。

スマホで申し込みをした後、2時間くらいで審査結果のメール連絡があり、
すぐに指定の口座にお金が振り込まれていました。

もっと時間がかかるかと思っていたのに、意外に早くてビックリしました

それに学生だし、満額の借り入れはしてもらえないのではと思っていただけに、満額借入できて本当に有難く思えました。
審査に提出した本人確認の書類は免許証でしたが、それでOKでした。

その後、無事に旅行も終え、返済日までにはきちんと返済を終えることができました。

プロミスの返済期日は、初回の借り入れから約一か月後と余裕があるのも嬉しいですね。
その間にアルバイトなどで稼いだり、少し生活費を切り詰めたりしながら返済しましたが、キツくはありませんでした。

学生でも無理せずに借り入れすれば、安心して利用できると思いました。

お金に困っていた時に救われました。(男性/20代)

男性/20代

私はとある大学に通う大学3年生の学生です。

実家から大学に通うには遠すぎたので、2年生の春から下宿することにしました。
親からの援助はというと、経済状況もよくなく一切期待できませんでした。

そんな中、下宿先の家賃や生活費、授業料をアルバイトと奨学金でまかなっていました。

しかし、午前中から午後にかけて授業を受け、夕方から居酒屋のアルバイトを週5でしていたのですが、
ある時疲れがピークに達しアルバイト先で倒れてしまいました

気がつくと知らない天井が私を覗いていました。

その時、担当していただいたお医者様から小腸の検査を受けるように言われました。
私は不思議に思いながらも言われるがまま検査を受けることに。

すると担当医から、「小腸にかなりひどい炎症がみられます、放っておくと、熱や皮膚の炎症が慢性化する恐れがあります。
治さなければ、他の危険な疾患にも繋がりますよ。」と伝えられました。

手術するほど重度ではなかったのですが、慢性化すると社会生活が厳しくなることもあり、薬での治療を希望しました。

しかし、その治療費に計2万円かかってしまいました。

体のためなので仕方なかったのですが、通院期間中は医師からもなるべくストレスのかかりやすい場所や
暴飲暴食は控えるようにと言われていたので、アルバイトも週2回ほどに出勤を抑えていました。

それにより、その月の手取りが6万円ほどしかありませんでした。

奨学金を使いながらギリギリの生活を送っていたので貯金もなく、
クレジットの引き落としもあり、途方に暮れていました。

そんな時にキャッシングを思い立ち、すぐにとある会社に電話をしました。

ところが、学生で親の経済状況があまり良くないことを伝えると、受付の方の声が曇ってしまいました。
数日後確認すると、やはり審査には通っていませんでした。

それから色々な会社に電話し、審査してもらうも全て落ちました。

もう無理かもと思っていた時に、広告で見つけたプロミスに問い合わせてみました。

プロミスの電話対応をしてくれた方が親切丁寧に私の状況を聞いてくれ、
当時私は20歳だったのですが、アルバイトでも安定した収入があることから審査に通ることができました

その後、融資してもらったお金でなんとか生活費をまかなうことができたのです。

また、低金利で利息も利用日数分だけだったので2、3ヶ月ほどで完済できました。
本当にプロミスには感謝しています。

プロミスが学生に選ばれる理由はこちら